安定性の高い容器

多くの食品はプラスチック容器なしには語れません

今や加工食品全盛の時代には、食品容器は無くてはならないものになっています。加工食品の種類が少ない時代には、常温食品で目立っていたのは金属製の缶、ビン、そして袋といった容器類でした。それが現在では、非常に多くのプラスチック容器が使用されるようになっています。特に、デザートコーナーでは、ゼリー、ヨーグルトとしった主力商品の多くが、プラスチック容器に入っています。さらに、ジュースのコーナーでは、プラスチック容器の代表的な容器である、ペットボトルがさまざまな形に加工されて活躍しています。最近では、お酒などにも使用されるようになってきています。そして、お菓子が外力で、くずれないように緩衝材としても使われるなど、数えればキリがないほどです。

容器は用途に合わせて選択 

こういったプラスチック容器は一概にプラスチックといっても、さまざまな素材によって、できています。例えば、チルドコーナーにある比較的賞味期限の短い商品であれば、PP(ポリプロピレン)が使用されております。これらは、酸素の透過度が比較的高いものの、安価につくため、少しでも安く販売することができるために、よく使用されるものです。また、お歳暮、お中元といった商品に使用される容器は、常温で長期に保管されることも多いため、しっかりと密封され、輸送にも強く、酸素透過度も低い素材に調整されています。このように商品の特性に合わせて、使用するプラスチック容器の種類を選択すれば、よりお客さんにとって、適正な用途の商品を提供することができます。