熱に強い樹脂

プラスチック成形とは

そもそもプラスチック成形とは何なのでしょうかと言う事を簡単に説明しますと、溶かしたプラスチック樹脂を金型に入れて成形するというものです。一般的に射出成形機と言われるもので、プラスチックを射出、成形します。さて、樹脂にも様々な種類があり車の部品などに使われる熱に強い樹脂もあります熱に強いのに一体どのように溶かすのかという質問に答えると、まず解ける樹脂の中にガラスの粒子が混じっています、それが溶けて混ざることにより熱に強い樹脂が完成するというものです。これを熱硬化式樹脂と言います。この樹脂は熱には強いのですが、完成品が鋳物のように固くなり陶器のように割れてしまうという特質も持っています。このようにプラスチック成形にもいろいろな種類があるのです。

金型の種類についての考察

さてプラスチック成形を行う、金型についての説明ですが、その金型もまた様々な種類があるのです。金型の形はその成形する品物によって変わります。例えば単純な形であるなら上下だけの金型で良いのですが、形が複雑になりますと、スライドコアと呼ばれる、上下左右からの金型の仕組みが必要となります。このスライドコアは金型の内部にインカムの関係を作り出して、上下左右の形を作るという大変に高度な技術を必要として、成形にも技がいります。この様な金型はピンゲートといわれる金型であることがほとんどでして、金型を作成するのに大変なコストがかかります。一方上下だけの金型はサイドゲートと呼ばれる方式で行うことが多く、こちらのコストは安くて済みます。